So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

あれこれあった2週間でした。

DSC_0116.JPG
猛暑の夏が早や1月過ぎようとしていますね。
先月末に入院した従兄弟が今月初めに退院の予定でした。
退院の日、9過ぎに電話が・・・
病院からでした。
「主治医の〇〇ですが実は今日退院の予定でしたが
朝トイレで倒れて急遽検査をさせて頂きたいので同意を
お願いしたいのですが・・・」とのこと。
「よろしくお願いします」
それからしばらくして「MRIを撮りましたら脳梗塞の所見が
ありましたので退院ではなく引き続いて治療になります」と連絡。
軽い脳梗塞で足に少し麻痺があったとのこと。
今は落ち着いているので治療で様子を見ますということになりました。
引き続き弁護士さんからもその場にいらしたとかで電話があり
色々と話し合いました。
そのまま入院になり2、3週間の予定で治療をすることになりました。
その後息子たちがやってきたりと都合がつかずに日々が過ぎ・・・
昨日台風明けで晴れていたのと夫が休みだったこと、これから
お盆でまた息子たちが来宅したりと忙しいので思い切って病院へ。
従兄弟は心配していた症状も無く入院時よりも元気そうで一安心でした。
看護師さんからもあと2週間で退院になりヘルパーさんたちの協力もあり家に
戻れそうですと話しがありホッとして帰って来ました。
脳梗塞の後遺症もなさそうで倒れたのが病院内で良かったです。

8月最初の土曜日は横須賀の開国花火祭でした。
みたいというので長男一家がやってきました。
孫の元気がいまいち無いのが気になりながら買い物をして夕食の
準備をして夕方を待っていました。
疲れたので少し寝たいという孫、気になって熱を測ったら8度もあります。
びっくりして布団を敷いて寝かせました。
氷水でタオルを冷やして頭に載せても身体が熱く、ついに40度に。
当然花火は中止したものの熱は一向に下がらず息子たちは病院へ
連れていきたいと・・・
私は高熱の割に孫がぐったりしていないので連れ出すよりも朝一で
病院へ行く方がよいと進言したものの、何かあったらと心配でした。
とりあえず病院で処方された薬を持参していたので飲ませて先ずは就寝しました。
朝目覚めてすぐは体が普通に感じたのに5時にはもう熱が8度もあり
朝一で日曜日でしたので救急病院へ・・・
風邪でしょうとの診断。薬を待っている間に吐いてしまい慌てて
看護師さんに訴え再度診察してもらって薬をもらって帰って来ました。
実は長男一家と次男夫婦は休みが中々会わずやっと調整して2日後に
初島へ旅行の予定がありました。
折から台風が近づいていたので思い切って中止もありだよと言って
早めに自宅に帰しました。
翌日は熱は大丈夫そうだし〇〇も楽しみにしているので行って
食事だけでもいいつもりでいるので行ってこようと。
さすがに初島は無理とかでホテル側の計らいで湯河原に変更になったと。
出来ればクッキーを見てもらえたら有難いと・・・
何処も急な予約が出来なかったので仕方無いですね。
この日は次男夫婦は我が家に泊まり長男一家も翌朝やってきました。
台風の進路が心配ですができるだけ早めに帰るようにと送り出して。
ところがお昼ごろ電話でこっちはすごい晴れてるよって。
予定したホテルではないですが系列のホテル、こんないい機会もないです。
ゆっくりするようにと言いました。
台風も少し進路を変えて伊豆の方はあまり雨にも降られず旅は何とか
楽しめたようです。
心配していた孫の体調も杞憂に終わり元気に過ごしたようでした。
帰ってくるまで私は預かったワンちゃんと共に・・・
ピタッとくっついてどこにも出られずずっと付きっ切りでした。
台風の為風雨の中トイレが心配で何度も小ぶりを狙って散歩に連れ出し
さすがに早く帰ってきてほしいな~( ;∀;)
道路が通行止めになっていたりして帰りは渋滞したようでした。
帰って来た時は私もほっとしましたがワンちゃんがとっても嬉しそうでした。
飼い主にはかないませんね。
あれだけぴったりしていたのに呼んでも見向きもしません。
そんなこんなの2週間でした。
さすがに疲れ切ってしまいました。
少しだけゆっくりして来週にやってくる下の息子一家を元気に迎えたいと
思っています。
最近しみじみと思うことは両親たちもこんな思いでいたのかな~
特に自分の実家に帰る時はやはり安心して親に甘えていたと今更ですが
その立場になって大変だったのではと思い返していますね。




nice!(62) 

nice! 62