So-net無料ブログ作成
検索選択

ガラスの森美術館・・・パート2 [お出かけ]

ガラスの森美術館」は1996年に開館したようですね。
毎年なん回か河口湖に行くのが我が家の恒例でしたが箱根
経由して山梨入りをする際にこの美術館の前を通っていました。
きれいな建物だよね~と気になりながらも通過するだけで・・・
その後河口湖畔に「オルゴール美術館」が出来てそこが同じような
雰囲気の建物で経営者が同じことを知りました。
「オルゴール館」にはタイタニック号に収めるはずの大きなオルゴールが
他のたくさんのオルゴールと共に展示されています。
タイタニック号は出航までに間に合わず別のオルゴールが収められて・・・
そして悲劇に会いました。
間に合わなかったことで海底に沈まず現存することになった
オルゴールがきれいな調べを奏でてここの人気になり・・・
そんな縁で「ガラスの森」も訪れるようになりました。
庭園のすばらしさは季節ごとに雰囲気が変わって楽しめますよね。
これからの季節は紫陽花が庭園を飾るようです。
館内のガラスも行くたびに1点だけ買い求めていました。
今回はヴェネチアン・グラス 二千年の旅展が半年にわたり開催されています。
DSC_0359.JPG
DSC_0557.JPG
DSC_0406.JPG
古代ローマ帝国が高度に発展したガラス製法でガラスを世に広めました。
ローマ帝国衰退後は水の都ヴェネチアのガラス職人さんが
復元させ、創意工夫をして繊細華麗なるヴェネチアンガラスを
作ってそれらの作品を展示していました。
DSC_0409.JPG
DSC_0432.JPG
館内では著名な演奏家による演奏を聴くことが出来てうっとり"(-""-)"
DSC_0423.JPG
DSC_0426.JPG
これはガラスでできているのに不思議なことに揺れています。
「風にそよぐグラス」
DSC_0444.JPG
DSC_0443.JPG
しばらくは館内を見て回って・・・
DSC_0364.JPG
DSC_0365.JPG
もう一度庭園を・・・薔薇以外にもクレマチスやアジサイなどが
DSC_0367.JPG
DSC_0214.JPG
DSC_0315.JPG
DSC_0197.JPG
DSC_0368.JPG
庭園から川に向かって降りていくと・・・
DSC_0460.JPG
DSC_0459.JPG
この小路はもうすぐ紫陽花が咲き乱れるようです。
DSC_0475.JPG
薔薇、ガラス、演奏などで十分に「ガラスの森美術館」を堪能して
DSC_0572.JPG
DSC_0590.JPG
家路につきました。
DSC_0605.JPG
揺れるグラスについてコメントがありましたので調べてみました。
以下はミュージアムの説明をお借りしました。
「風にそよぐグラス」
  1895年 ジュゼッペ・バロヴィエール作

紙のように薄くて大きな器の部分、糸のように細い繊細な脚、そしてそれを支える薄い円盤のような台の、今にも壊れてしまいそうなはかなさと、そよ風にさえ揺れ動く繊細な作り。
実は専門家たちは、このようなガラスの器は到底不可能だと考えていましたが、バロヴィエールはそんな仕事にあえて試みて成功したのでした。
普通、ガラスを作るためには、最初に器の部分を吹いて作り、それにステムと呼ばれる脚を付けます。 その後に、ステムの先端に溶けたガラスの塊を付けて、それを平らに延ばして台を作りグラスを完成させます。
しかし、このように細いステムでは、溶けたガラスの塊をつけるだけで折れてしまいます。
たとえ折れなくても、そのステムを回転させて先端に付けたガラスの塊を平らにのばすには、ステムに力を加えなければならず不可能なことなのです。
ガラスの魔術師バロヴィエールは、器の部分、ステム、台をあらかじめ別々に作っておき、器の部分にステムを溶かし付け、ステムに台を溶かし付ける方法で、この糸のように細いステムのついたグラスを完成させたのでした。
しかし、自分の脚で立つことができたグラスは作ったものの半分にも達せず、かろうじてバランスを保ち誕生したのがこれらの作品です。
小さな振動や、人の息でさえ揺れる繊細なグラス、風にそよぐグラス。
100年以上経った今日でもジュゼッペ・バロヴィエールの他、こうした作品を作った人は誰一人としていないのです。

nice!(45)  コメント(25)  トラックバック(0) 

nice! 45

コメント 25

REE

yoko-minatoさん、こんにちは。
「ガラスの森美術館」は館内撮影OKなんですね。
今日は本当に寒いです。
by REE (2017-06-13 16:40) 

いろは

こんにちは^^
ガラスの森美術館、yoko-minatoさんお好きだったのですね〜
私もガラス類が好きで集めているのですよ(^^)
何度かここは訪れていますが,何回訪れても新しい発見があり楽しく過ごして来ます。ホワイトディにガラスの靴を主人に買ってもらいました。今も大切に飾っています^^
ヴェネチアンガラスが特に好きです(^^)
by いろは (2017-06-13 16:44) 

yoko-minato

REEさん。
係の人に尋ねたらフラッシュをたかなければ
いいですよとのことでした。
さすがに演奏中は・・・

いろはさん。
やはりガラスがお好きなのですね。
ここはちょっとお高いので行くたびに
1点だけ購入しています。
やはり飾ってしまって使えませんね。
ガラスの靴・・・いい思い出になりましたね。
ヴェネチアンガラス・・・不思議な魅力ですね。

by yoko-minato (2017-06-13 16:51) 

caveruna

薔薇以外も、とても綺麗な花々・・・
行ってみたい!
by caveruna (2017-06-13 17:37) 

ma2ma2

ガラスの森、良い感じですね!
花も咲いていて楽しめますね(^^)
by ma2ma2 (2017-06-13 20:17) 

Take-Zee

こんばんは!
相変わらず箱根路は混んでるようですね。
ゆっくり、のんびり美術館。 良かったですね。

by Take-Zee (2017-06-13 20:24) 

g_g

庭園が有りそして演奏会があると充実した内容のようでしたね。
これだけの設備を備えるとなればよほど観光客が多くないと
成り立たないでしょうね。
by g_g (2017-06-13 20:31) 

よしころん

河口湖の「オルゴール美術館」と同じ経営者の方なのですね~
私もどちらも好きです^^
揺れるガラスのグラス不思議です~~(@_@)
by よしころん (2017-06-13 20:58) 

そらへい

「ガラスの森美術館」は1996年に開館では
知らないはずですね。
箱根もあの頃は何も無かったのが
今は、こんな立派な施設があるのですね。
ガラスの透明感と緑が映えていいところですね。
その上音楽も聴けるとは、贅沢すぎるくらいです。
私は、箱根に行った時は、緑の中を抜ける電車で行きました。
何という名前だったか、いいところでしたね。
by そらへい (2017-06-13 21:14) 

takenoko

楽しんだ帰りは渋滞ですか。大変ですね。
by takenoko (2017-06-13 21:17) 

hanamura

お庭の花も、いいですねぇ。 それにしても道路事情・・・。
富士山麓周辺施設(?)アプローチ・コースは増えましたが、
目的地は、同じ(?)なのでしょうか?(う~ん?)
by hanamura (2017-06-13 21:31) 

kuwachan

庭園が素敵な美術館ですね。
ここの前は通ったのに入らなかった覚えがあります。
次回は是非入りたいです。
by kuwachan (2017-06-13 23:13) 

hana2017

こんばんは。
「ガラスの森美術館」の館内、諏訪湖にある「エミール・ガレ美術館」は大昔入った事がありましたが…ずっと明るくて、カラフルなムードですね^^
クレマチスは白の百万重が好きなんですが、こちらにはパープルのディアマンティナまで咲いていて、とっても綺麗です。
帰り道は湯本まで続く渋滞、お約束ですね(^^;
…とは言え、車内から眺める新緑良いものです♪

by hana2017 (2017-06-13 23:25) 

さる1号

ガラスなのに揺れているんだ@@)
不思議ですねぇ
折れたりしないのかな
by さる1号 (2017-06-14 06:38) 

yoko-minato

caverunaさん。
季節ごとにその様相は違って
とても素敵な美術館です。
是非行ってみて下さいね。

ma2ma2さん。
どちらかというと女性好みですよね。
圧倒的に女性が多いかと・・・

Take-Zeeさん。
海岸沿いの道路がかなり長く2車線に
なったので以前よりは楽になりましたよね。
渋滞で流れない・・・というのは平日なので
なかったです。

g_gさん。
かなりお金をかけた美術館だと感じています。
でもいつ行ってもかなりの観光客で
にぎわっていますので経営は成り立って
いるようですね。
駐車場もかなり増えていましたから・・・

よしころんさん。
そうでしょ!
私もどうしてガラスなのに揺れるのだろう
ずっと見ていましたがずっと揺れていました。
本来は風で揺れるそうですが揺れるように
展示しているようでした。

そらへいさん。
以前、緑の中を抜ける電車で・・・というのは
強羅までの箱根登山電車ではないかと・・・
途中からロープウエイに乗り換えます。
箱根はいろいろと楽しめますね。
レストランでも館内でも演奏が楽しめますね。

takenokoさん。
この程度の渋滞はまだ楽ですよね。
ひどい時は全く動かないまま・・・
箱根路は土、日は避けたいですね。

hanamuraさん。
そうですね。
色々道は整備されましたがやはり
マラソンで使われる道路を使うと
このような状態でしたね。
行きは別の道でスイスイ行きました。

kuwachanさん。
私もそうでしたね。
何か入りづらい雰囲気でした。
この頃は箱根に行くと寄りたくなる
施設です。
是非一度寄られてみて下さいね。

hana2017さん。
クレマチスがお好きなのですね。
そういえばいろいろありました。
載せたのは数枚でしたが・・・
箱根路はやはり渋滞がつきものですね。
諏訪湖にあるエミール・カレ美術館は
入ったことがないんですよ!

さる1号さん。
不思議ですよね~。
ずっと魅入っていましたがその間も
ずっと揺れていました。
ガラスなのに・・・




by yoko-minato (2017-06-14 07:16) 

YUTAじい

おはようございます。
ガラス・お花達の競演・・・素敵ですね・・・
by YUTAじい (2017-06-14 07:19) 

kazu-kun2626

ガラスの森美術館、堪能
されましたね
箱根は美術館が多いので楽しめますね
箱根はこれからアジサイの季節ですね
by kazu-kun2626 (2017-06-14 07:23) 

yoko-minato

YUTAじいさん。
おはようございます。
とても素晴らしい美術館ですよね。

kazu-kun2626さん。
そうなんですよね。
紫陽花の咲くころは箱根はとても
混みますよね。
紫陽花電車にも乗ったことがないので
行ってみたいけど・・・
by yoko-minato (2017-06-14 08:15) 

馬爺

箱根はいろんな物がありますので強羅辺りは混みますね。
関東方面からの方が多いですから車も渋滞が多いですね。
by 馬爺 (2017-06-14 14:18) 

yoko-minato

馬爺さん。
行きと帰りは違う道でしたが
行きはスイスイで、帰りはあんな状況
でした。
やはりマラソンコースは混みますね。
by yoko-minato (2017-06-15 05:06) 

saia

箱根は今バラが満開の季節なのですね!
箱根、以前は家族で時々行ったのですが、ここのところずっと行ってないなあー泣
「ガラスの森美術館」は行ったことがありませんが、素敵なところのようですね♪♪
今度是非訪れたいと思いました(∩´∀`)∩

by saia (2017-06-15 18:47) 

sakamono

この、すごく足の細いグラス、風で揺れるのですか?!
それは、スゴイなぁ。それだけでも一見の価値がありそうです。
by sakamono (2017-06-15 23:08) 

yoko-minato

saiaさん。
たまたまそうでしたね。
全く知らずに行きました。
ガラスの森は庭がとても素晴らしいので
是非でかけられるといいですね。

sakamonoさん。
ここはどちらかというと女性に人気の
美術館ですよね。
でも一見の価値はあるかと・・・
この「風にそよぐグラス」はとても不思議でした。
by yoko-minato (2017-06-17 04:49) 

旅爺さん

折角箱根で遊んできたのにガラスの森美術館は見損ないました。
でもイタリアでヴェネチアンガラスは沢山見てきました。
日本で見るのより高かった記憶が・・買いませんでした。
by 旅爺さん (2017-06-17 05:58) 

yoko-minato

旅爺さんさん。
イタリア旅行でヴェネチアングラスを
見てきたのですね。
箱根でもグラスはとても高くて一つだけ
買うんですよ!
ヴェネチアングラスになるとお高いのでしょう。
by yoko-minato (2017-06-17 11:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: